ブックタイトルNICHII CATALOG 保健・福祉カタログ2017-2018

ページ
193/548

このページは NICHII CATALOG 保健・福祉カタログ2017-2018 の電子ブックに掲載されている193ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

NICHII CATALOG 保健・福祉カタログ2017-2018

●パナソニックの技術力で乾熱滅菌に必要な安定した温度、正確な時間を実現しました。●歯科健診前の歯鏡などの多量滅菌に!パナソニック 乾熱滅菌器コード内容量価 格日医- 13263 90? ¥240,000(税別)●品番/MOV-112S-PJ●外形寸法/W580×D595×H820㎜●内形寸法/W450×D450×H450㎜●内容量/90?●加熱方式/ファン循環式●タイマー/オートスタート・オートストップ 00:00~99:59分●温度・タイマー表示/デジタル表示(LED)方式●電源/単相100V 50Hz/60Hz(※電源コード:2.0m)●製品質量/50kg●製造販売承認番号/21900BZX00428000管理医療ステリウィットVコード型番希望小売価格(税別)日医- 13251 SV-TAINI 価格¥363,000?¥320,000●寸法/W412×D469×H344㎜ ●缶内寸法/Φ220×340㎜●貯水総容量/3.5? ●乾燥方式/ヒーター加熱(ドア空け乾燥)●付属品/スノコ、専用給水カップ、トレー、トレー専用取手医療機器販売承認番号:227AGBZX00084000管理医療煮沸消毒器やアルコールなどの薬液で行う「消毒」は、化学物質で微生物を不活性化したり、お湯で煮て感染力を失わせます。しかし、すべて死滅させるわけではありません。一方、「滅菌」はすべての微生物から生命力を奪い、完全に死滅させることをいいます。身近な器械(滅菌器)としては、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)、乾熱滅菌器などがあります。不特定多数の人が使用する健診用具での感染を防止する為には、滅菌の方がより安全ですね。高圧蒸気滅菌は容器内を高圧にすることで、発生する水蒸気を100℃以上の高温にし、容器内に収納した物に付着する細菌を死滅させます。134℃で5分程度で滅菌(スタートから乾燥までは最短35分)完了するので、スピーディーです。一方、乾熱滅菌は、160~180℃に熱した空気を容器内に循環させ、180℃で30分以上滅菌することで(その後冷却)、細菌を死滅させます。教えて!日医先生?なんでも聞いて!セミオートボタンを押すと滅菌開始(乾燥工程と分離しています)小型・軽量・シンプル操作のオートクレーブ丸カスト18㎝ | 2個給水カップでチャンバーに注水します。滅菌物を入れてドアをロックします。スタートキーを押し、滅菌開始。滅菌・排蒸工程完了後、アラームが鳴ります。ドアを開放すると乾燥運転がスタートします。乾燥が完了したら、アラームでお知らせ。142356操作手順412㎜469㎜●トレーと取っ手が付属ですぐに使えます。( 日医特典)「消毒」と「滅菌」はどう違うの?「高圧蒸気滅菌」と「乾熱滅菌」って?344㎜しょうどくめっきん内容量90?!だから一度の操作で大量の滅菌が可能な乾熱滅菌器です。580㎜595㎜820㎜2017-2018 191日本医療器研究所一般備品 ◆